• 使用済みのOKIのトナーを廃棄するには

    OKIの使用済みトナーは純正品であればOKIが無償で回収してくれます。



    このサービスはエコプログラムといいます。
    回収できるのは純正品の消耗品です。


    よってトナーだけではなくイメージドラムカートリッジ、定着器オイルローラー、廃棄トナーボックス、転写ベルトユニット、定着器ユニット、インクリボンカートリッジといった消耗品も引取り対象です。

    SP トナー 6400H情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

    回収依頼をするさいはOKIデータエコプログラムの会員登録をしておくと便利です。Webで回収依頼をするときにいちいち住所といった基本情報を入力必要がなくなります。
    会員費などが発生することはありません。

    NAVERまとめは評判がとっても良くて有名です。

    すべて無料です。

    企業だけではなく、個人事業主や小学校といった教育機関も登録可能ですし、個人でも会員になることができます。

    登録するとユーザIDが発行され、パスワードを設定します。

    消耗品回収依頼のログイン画面にこれを入力すると、Webでの回収依頼ができます。

    あとは業者が回収しに来るのを待つだけです。場所を指定していればどこにでも回収しに来てくれます。トナーは1本だけで回収依頼をかけるのではなく、4本以上まとめての回収が推奨されています。そのさい、ガムテープでしっかりとくっつけてまとめたり、ダンボールで梱包することで輸送リスクを減らすことができます。


    大きさは3辺の合計170?以内です。それ以下にまとまるように製品を梱包しておきます。


    また、梱包した中に他社製品や純正品以外のものが混ざらないように気を付けるようにしましょう。

  • 大事な売買の事

    • OKIデータの使用済みトナーは、使用済み消耗品無償回収エコプログラムにて回収をしてくれます。使用済みのトナーの回収を依頼するときの注意点としては、輸送中の環境への負荷の軽減のため、4本以上の使用済みトナーのまとめての回収依頼をするように心がけましょう。...

  • 意外な真実

    • パナソニックの印刷機器を利用していて、インクトナーが無くなった際に交換する場合、一般的には純正品が選ばれます。パナソニックの純正品は品質も優れていますが価格も定価かそれに近い価格で販売されているため、印刷コストが割高になります。...

  • 最新考察

    • パナソニックの印刷機器は、オフィス利用に選ばれる高性能でコストパフォーマンスに優れた機能が人気です。印刷物の質や印刷のスピードにも優れ、多くの法人からパナソニックの印刷機器が利用されています。...

  • 売買の秘訣

    • エプソンのLP-S7100はハガキサイズからA3サイズまでの用紙に対応したカラーページプリンターで、2010年5月に発売が開始されました。現在は販売が終了していて、修理の対応期限は2021年9月30日までとなっています。...