• 様々な印刷機能と省資源機能が使えるLP-S7100

    エプソンのLP-S7100はハガキサイズからA3サイズまでの用紙に対応したカラーページプリンターで、2010年5月に発売が開始されました。



    現在は販売が終了していて、修理の対応期限は2021年9月30日までとなっています。


    LP-S7100のプリント方式はレーザー方式で、モノクロ印刷やカラー印刷でA4サイズの用紙に毎分30枚ほどプリントすることが可能です。


    両面印刷の場合は1分間に21ページ印刷することができます。



    ウォームアップ時間は、節電モードから復帰する場合が12秒以内で、電源OFFからONに切り替えた場合は15秒以内です。

    このプリンターは、プリンタードライバーによって様々な印刷機能の設定を行うことができます。例えば、複数のページを1ページにまとめる割付印刷や両面印刷のほか、製本印刷なども行えます。


    また、いくつかのアプリケーションを利用して作ったデータを、まとめて一度にプリントできる機能もあります。


    その他にも、不正にコピーされてしまうのを防ぐための透かし印刷やスタンプの印刷もできますし、作成者や日付などをヘッダーやフッターに印刷することもできます。

    印刷する部数が多い時は、1部毎に用紙の向きを縦横に変更しながら交互に印刷することができるので便利です。

    大きめの操作パネルには漢字やひらがなを表示することができ、表示内容を確認するのが楽です。


    LP-S7100は省資源機能も充実していて、トナーの消費を節約したり、一定時間操作が行われないと自動的に節電モードへ移行したりすることができます。
    給紙方法は2種類あり、MPトレイが190枚、用紙カセットは305枚です。

    Weblio辞書の情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。